skip to Main Content

当オーナーの水草ショップができるまでと現在までの小話を混ぜてショップ紹介を致します。
オーナーは2018年現在50代前半です。当時の少年時代の頃から魚が大好きでした。でも魚釣りは嫌いでした。魚釣りは今も何故か興味が全然ないです。
理由は魚が臭くて手で触るのが嫌なのと、リールが真っ直ぐに投げれないからです。

話がそれましたが、、、当時の学生時代、休みには熱帯魚店や水族館に良く出かけて、お年玉は全て熱帯魚に注いでいました。
学生時代は現在の様にインターネットもないので熱帯魚は雑誌や直接店に行ったり、電話などで情報収集です。
現在も熱帯魚専門誌アクアライフ毎月発刊ありますが、この当時35年前もアクアライフは有りました。
毎月楽しみに購入していた記憶があります。
社会にでて一旦熱帯魚を飼うのを辞めてしまいました。

理由は夢を追いかけやりたいことがあったのです。なにかはお話が長くなりますので、お店にご来店くださった時に興味のある方はお尋ねくださいね。
7年ぐらいのブランクはありながらも、熱帯魚を飼うのはまた復活しました。
そのころには今の嫁さんとも知り合っていて、当時大型魚を飼っていました。嫁さんには嫌がる熱帯魚店に子赤を飼いに頼んだことも暫しありました。
この当時は水草レイアウトなんかも普及していませんから魚中心のアクアリウムです。
熱帯魚の趣味はやめることも無く、阪神大震災も乗り越えてアクアリウムのある生活は続くのでありました。

当時、大阪のアマゾンと言う大型店で、お店のスタッフにアクアデザインアマノて言うメーカーがあるんですが、高いけど使って見ないと言われいろいろ説明を受けました。
これが最初のアマノ製品を使ったきっかけと水草育成の本格的な始まりでした。
いまから思えばこのアマゾンと言う店との出会いがなかったら今の店は無く趣味で終わっていたかも知れませんね。
アマノと言うメーカーの器具を使用して水草が何となく上手く育ってきました。
もちろん今まで魚中心にしか育てた事がなく、水草は使い捨てみたいな感覚しかなかったので水草が上手く育つなんて思いませんでした。

アマノ製品で水草が上手く育ち、水草の魅力に益々ハマってしまいました。
たまたま近隣に水草ショップができてそちらでも水草の育成やレイアウトノウハウなど教わり学びました。
当時33歳ぐらいだったような?アクアデザインアマノこのメーカーと知り合ったキッカケで水草の育成ノウハウや今までの自分の魚知識をしっかりと他の方にも伝えていけると自信を描きアクアリウムショップを
しようと決意しました。ショップするにもやはり仕入先や趣味とは違うノウハウを学ばないといけません。
たまたま運よく近くにあった仕入先で一年間勉強させて頂き、当時、新潟に本社があったアクアデザインアマノのアンテナショップにも数回通い、家族も一緒に車で行って水草の魅力を伝えました。

そんな日々、新築を建てる案が湧き、店舗兼用の住宅を建ててしまったのが始まりでした。
当時、住宅街で場所も不便、店もどこにあるかわからないとか良く問い合わせ電話がありました。
とりあえず当時は宣伝とアクアリウムをしてるお客様に知ってもらうのが先決。
アクアリウム誌に宣伝、当時親戚にホームページを作ってもらい何とか営業を続けてきました。
店をする際もいろいろ悩みましたが自分がしたい店創り、個性のあるスタイルが大事と確信していました。
いろんなアクアリウムメーカーを置けばお客様は増えますが在庫を置く場所や仕入れ資金他いろんな問題も重なり自分が描いたスタイルとは離れてしまう。
水草レイアウト水槽を維持して、魚臭く無い店つくり等を一に考え現在も当時からスタイルを変えずに経営してきました。

店をスタートしてからの18年間と言う年月はいろいろな経験をさせて頂きました。お客様、同業者の方と多数知り合いになり、私の知らない知識を学び現在があります。
18年と言う年月の中には何回も店辞めようと思った事もあります。
ここまで続けて来れたのはお客様、同業社様のアドバイス、アクアデザインアマノ社、家族の協力などがあったからこそです。
皆さまには大変感謝しております。
あと2年で当店も20周年を迎えますが、今後も店が続いていくように頑張る次第でごさいます。
長文を読んで頂きありがとうございます。今回、当店のホームページリニューアルに伴い、また18年間を振り返りオーナーご挨拶とさせて頂きます。

敬具

Sign
Back To Top